妊娠の兆候と生理前
トップページ妊娠中毒症妊娠中毒症の赤ちゃんへの影響

妊娠中毒症

妊娠中毒症の赤ちゃんへの影響

妊娠中毒症になると、血管が収縮して赤ちゃんへ流れる血液量が減少してしまいます。

赤ちゃんへ流れる血液量が減少してしまうと、赤ちゃんの成長に必要な栄養分や酸素が減り、赤ちゃんの発育が遅れたり、重度の場合には子宮の中で赤ちゃんが仮死状態になってしまうこともあります。

そのため、重度の妊娠中毒症の場合には、まだ出産には早い時期だったとしても母子の安全のために、人工的に出産させることもあります。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
相互リンク
当サイトでは、相互リンクを随時受け付けております。

相互リンクご希望の方は当サイトへのリンクを張った後、相互リンク申し込みフォームよりご連絡下さい。

【サイト名】
妊娠の兆候と生理前

【URL】
http://ninnshintyoukou.livedoor.biz/

【説明】
妊娠の兆候と生理前の違いなど、妊娠に関する情報をお届け!

相互リンク申し込みフォーム