妊娠の兆候と生理前
トップページ妊娠中毒症妊娠中毒症の症状

妊娠中毒症

妊娠中毒症の症状

妊娠中毒症の症状は、主に以下の3つです。

次のうちのどれか一つでも当てはまる場合には、妊娠中毒症と診断されることがあります。

 

【高血圧】

妊婦の血圧の正常値は、最高血圧が100〜130mmHg、最低血圧が60〜80mmHgぐらいですが、この血圧が、最高140mmHg以上、最低90mmHg以上になったときには「高血圧」と診断されます。

高血圧は多くの場合、自覚症状がほとんどありませんが、もしも頭痛・めまいなどの自覚症状が現れた場合は、かなり重度の高血圧の可能性も考えられますので、なるべく早く病院に行くようにしましょう。

 

【尿タンパク】

尿には通常、タンパクは含まれませんが、尿検査で++が出たり、+が2回以上出た場合は、妊娠中毒症が疑われます。

尿にタンパクが出る理由は、腎臓の働きが弱くなって、血液のろ過作用が十分に発揮されないことによります。

 

【むくみ】

むくみも、妊娠中毒症の症状の一つです。

ちょっともむくみ程度なら問題にならないことも多いのですが、朝から手足がむくんでいるときやトイレの回数が減ったとき、急に体重が増えたとき(1週間に500グラム以上)は、特に注意しなければいけません。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
相互リンク
当サイトでは、相互リンクを随時受け付けております。

相互リンクご希望の方は当サイトへのリンクを張った後、相互リンク申し込みフォームよりご連絡下さい。

【サイト名】
妊娠の兆候と生理前

【URL】
http://ninnshintyoukou.livedoor.biz/

【説明】
妊娠の兆候と生理前の違いなど、妊娠に関する情報をお届け!

相互リンク申し込みフォーム